ちょこっと寄り道

基本的にデンマーク語優先ではありますが、他にも学びたい言語があります

アイスランド語ノルウェー語・アイルランド語・ドイツ語……そして英語w

やはりヨーロッパ圏が好きなんですな

 

愛読している多言語学習者の方のブログで、2004年にNHKで放送されていたTVのドイツ語講座、「ピポの大冒険」を知りました

火星人の王子様ピポとドイツ人の女の子ティナが主人公の、人形劇風のクレイアニメ(?)で、最終的には環境問題も取り上げていました

結構昔のではあるけど、CDブックも販売されています

しかも、当時講師をやっていた相澤啓一さんが自身のサイトでwmv形式で動画も公開してくださってました

新ドイツ語入門 Mit Pipo Deutsch lernen! 

 

まぁ、CDブックの方は三千円半ばの額で、Amazonにはあるけど実店舗だと大型書店ですら置いていない、と言うこともあり(ブックオフで立ち読みしたけどw)、ただでさえ勉強嫌いなのもあって、まず動画を元にスキット・その訳・メインの文法事項を見開き2ページにまとめることにしました

50話全て終わったらCDブックを新品で買ってもOKと言うご褒美付きでw

 

デンマーク語は今はアプリを使って電車の中でやってますけど、先程も書いたように勉強嫌い・集中力がない・途中で投げ出す、と言う性格もあって、この勉強はドイツ語の勉強というよりも一通り終わらせることに重点を置いているので、ドイツ語をマスターしようと言う気持ちはとっくにありませんけど…

 

調子に乗って次回の独検の低目のレベルを受けてみようかとも考えましたが、一旦考えを捨てました

デンマーク語が一番やらなきゃいけない言語なのに、他の言語の検定のために時間を取るのは本末転倒になりそうですもん

次回の独検の時に気が向いたら受けるかもしれませんが、今はピポの動画を全話まとめて、本を入手後に軽く流し読みすればいいや、と言う目標

 

12月中にまとめる予定でしたが、延びに延びてつい先日に終了

全50話だから、1日1話ずつやったと思えば計算は合うかな…(毎日やってなかったけど)

Amazonだとすぐ買えるけど、某大型書店で店頭取り寄せにして、タイミングよく用意出来たと連絡も来たし(笑)

 

と言うワケで、動画を先に見たんですが、突っ込みどころ満載な設定なんですよ

最初ティナの学校に行こうと言う流れになった時、周りの人が驚かないように消える術を使う予定だったのに、動物園に行ったスキットでは堂々と係員らしき人に見せているし(普通驚くだろ?)

ティナのお母さんも結構あっさり受け入れているし…

フィクションだしと言えばそれまでですが、それでも…(笑)

 

でも、前もドイツ語を齧ったことがありますが、格変化とかで挫折しましたからね〜

まだ、共性・中性名詞、動詞の変化もそこまで極端じゃないデン語は可愛いもんだと思いました

以前聴いていたJ-waveの平日昼の番組「Beat Planet」のナビゲーターのサッシャはドイツ人ハーフでかつネイティヴなのですが、たまたま齧っていた時に知った「Schönen Tag noch!」をエンディングの時に言っているのがわかった時は嬉しかったですね(もっとも、未だにどこでそのフレーズを覚えたのかは不明)

因みにサッシャがドイツ語を番組内で話すのは、基本的にオープニングのGuten Tagと先程のSchönen Tag nochだけですが(笑)

 

ドイツも行ってみたい国の一つなので(オクトーバーフェストとクラビング)、このピポの勉強が終わっても途切れ途切れ継続して取り組むとは思います

独検に挑戦してみたいってのはあるから

 

因みにこの作業が終わったら、ノルウェーのドラマ「Skam」の字幕を書き写す作業をしようか検討中です(NRK TVのアプリでも観れるんですが、字幕付きなんです)

デンマークでも放送しているみたいで、DK TVのアプリでもちょっとだけ観ましたが、デン語字幕付きでした

手書きは嫌いだと悟ったので、iPad対応の持ち運びキーボードを買おうかまで考えてます

すぐにはやらないとは思うけど

 

デン語はニューエクスプレスからやり直す予定です

でも今バタバタしているので、落ち着いたらまたレッスンを受けることは検討中です

ちゃんと発音からしっかり学びたいんですが、声に出す学習が嫌いなのと自己流のテキトー発音になる可能性が高いので、やはり発音は実際に出来る人にチェックしてもらわないと、と思ってます

 

でもね、ニューエクスプレスも実は挫折したんですよね

最初の方から副詞が文の途中に出てくるフレーズがあって、語順に関する説明がなくて、イラっとしたので(笑)

そう言うもんだと流せばいいのかな

日本で入手出来る教材には限りがあるので、仕方ないですけどね

いつか理解したい動画達

まだまだ幾つかの単語と言い回ししか聞き取れない状態ですが、imusic.dkやGuccaでDVDを何枚か購入したこともあるし、YouTubeで動画を観たりすることもあります

でも、基本的には音源を聞き流すのが中心ですけど
 
お気に入りは、TVホストのFelix Smithの番組「Felix rykker ind」シリーズとDúnéのアコースティック・セッションです
Dúnéのはライヴ一公演丸々のアップなので、MCも削除されずバッチリ
 
Felix rykker indは2012年の10月から11月にかけて8回に渡って放送された番組で、第一回目のゲストはなんと元首相のHelle Thorning-Schmidt!!


Felix rykker ind - hos Helle Thorning-Schmidt

 

それ以降はシンガーだったりの業界人がメインですが、心なしかFelixさん、Helleに会う時緊張してませんか(笑)?

 
因みに、これを通してデンマークのバンドの一つであるNephewを知りました(ヴォーカルのSimonがシーズン1の最終回のゲストだったので)


Felix rykker ind - hos Simon Kvamm

 
ずっと音声ばっかり聴いてたため気付かなかったけど、しばらく経ってから初めて動画を観た時にびっくりしたのはPernilleの回
実はMEWのベーシストであるJohanの彼女なんです(今もかは知らん)
時期的にMEWに復活する前の頃ですね
キャプチャに「Johan, Pernellies kæreste」(文章そのものはうろ覚え、動画を観て下さい)とか出て来て、それだけなら“Johan”もメジャーな男性名だから「ふ〜ん」で済ましただろうし、あの顔もデンマーク人的には珍しい顔じゃないからスルーしたかもしれないけど、何か引っかかったからググって判明した
お前、MEWから離れてた間に何やっとんねん(爆)


Felix rykker ind - hos Pernille Rosendahl

 

因みに冒頭で流れているPVはこちら↓


Lost In The Fire // The Storm

 

こちらも、動画は結構後になって観てびっくりしたけど、Medinaって個人的に“デンマーク版Justin Bieber”扱いの男性シンガー、Christopherの当時の彼女だったんですね
何かChristopherの彼女と言うには同年代に見えないなぁと思って調べたら、10歳位離れているみたいですね
現在は別れちゃったみたいだけど、正直言ってMedinaちゃんには頑張ってずっと付き合ってて欲しかった…


Felix rykker ind - hos Medina

 

このシリーズは動画よりもmp3に変換した音声をメインで聞き流してたので、実際に動いているところを観ると印象が変わりましたし、気付いたことも多かった
ただし、YouTubeでは投稿者が録画し忘れたのか、上から圧力がかかった(?!)のか知りませんが、11月1日分のMartin Brygmannがゲストだった回が投稿されてなくて残念
しかも、2013年にシーズン2が放送予定だったそうで、もし放送されていたならそっちも観てみたいです
 
しかし、Felixさん、個人的には常に何かしら食いまくってるmandなイメージがあるんですが…
 
こちらはDúnéのアコースティック・セッションの動画


DÚNÉ ACOUSTIC SESSION @HUSET-KBH

1stアルバムは日本盤もリリースされ多分それに伴い来日もしただろうけど、日本盤が出ないとやはり来日公演というのは難しいのか、現在日本で彼らのライヴを観るのは殆ど難しいと思われます
実際に私が聴くようになったのは去年からなので、ライヴを向こうで観るどころかCDすらチェックしてませんでした
この動画ではギターのDannyも映っていますが、現在のラインナップはヴォーカルのMattias、キーボードのOle Bjórn、ベースのPiotreckの3人

但し、Ole Bjórnは耳鳴り(関連記事を英語でGoogle翻訳したら医療用語のtinnitusで訳されたので、かなりの状態ではないかと思う)で静養中らしい
結成当時は7人いたよね…(紅一点のCilleは現在も地味に音楽活動を続けているようです)?!
また、「Let's Spend The Night Together」でコラボしたカリフォルニア出身のシンガーソングライターGavyn Baileyがゲストで登場
何気にJustin BieberやChristopherをディスってないか、Mattias?
実はChristopher好きだし、Justinの3rdアルバムは悪くないな、って思ってるんだけどね(爆)
これもmp3にしてずっと音声だけで聴いてますが、動いているのも見ないとわからない部分はありました(ネタバレになるので、気になる人は動画を観よう)

因みに最近のライヴ動画が↓です(途中飛んでいますが)
 Ole Bjórnの代わりにサポートの方が演奏しているのがわかりますか?
 最新作のジャケットに写っているから脱退とかはないでしょうが、いつ戻れるんでしょうかね…


Dúné - LIVE - SmukFest 2016 (HD 720p - Audio 320kbps)

 

元々私はそこまで映像には興味がない(寧ろ嫌いな)方ですが、やはりこれらの動画は内容を理解したいなぁと思ってます

さていつになることやら…

 

Cilleの今を知りたい方はチェックしよう↓

soundcloud.com

 

 

個人的北欧ミュージックの情報源

北欧三ヶ国(フィンランドアイスランドは未確認)で発行されている、音楽系フリーペーパー「GAFFA」
デンマークスウェーデンノルウェー各国版の表紙が違うので、内容も違うと思われます(そりゃそうか)
 
私はもちろんデン版のを三冊持っています
知人が譲ってくれた私も大好きMEWとそのヴォーカルのJonasが表紙の物と一時期滞在していた時にたまたま楽器屋だったかどっかで見付けた物
 
ですが、PDF版はそれ以上
今は改悪されたせいか最新号しか見れなくなりましたが、以前は新聞紙タイプだったと思われる80年代の創刊号から公開されていて、ダウンロード出来たのです(ダウンロード出来るか否かはPDF閲覧ソフトにもよるかも)
それで、MEWがデビューした頃までダウンロードしようと目論んでたのですが…
それでも結構な量をダウンロードしましたね
2007年以降はフェスガイドも含めて全号ダウンロード済みでした
 
どこの国でもそうだと思いますが、国内アーティストだけでなく国外アーティストも取り上げているのも、ある程度知名度のあるアーティスト中心に挙げているのも一緒ですね
 
日本の洋楽市場はある程度ガラパゴス化しているのもあって情報はなかなか入ってこないので、ある意味貴重な情報源の一つ
 
最近「Lean On」でフィーチャーされたMøや日本でもCDを出したLukas Grahamもデン版GAFFAの常連さん
1stだけ日本でリリースされたのにその後スルーのDúnéや、日本では何故かハードロック扱いのDizzy Mizz Lizzyや、DMLTim ChristensenとコラボしたミニアルバムがリリースされたMads Langer、今やアイドル並みの人気ポップスシンガーのChristopherなどなど、日本ではあまり知られていなくても向こうでは表紙を飾るレベルのアーティストも多いのです
 
元々雑誌を買っても本文を読まずに写真だけパラ見が多いのと、まだまだ子供向け絵本でヒーヒー言っているレベルのデン語力なので写真しか見ていないようなものですが、それでも気になるアーティストがいるとYouTubeで調べたりします
今だとSpotifyも大活躍
 
最近だと、双子の姉(ギターヴォーカル&ベースヴォーカル)+妹(ドラム)の三人姉妹によるガレージ系バンドVelvet Volumeなんかいいかなぁ
多分ガールズバンドってだけでブームになりがちな日本でもウケると思う
個人的には女性ヴォーカル自体が苦手なのですが(それでもWarpaintやThe Corrs等いくつかのお気に入りはいるが)、アルバムが出るまで待ってもいいかなと思ったバンドです
現在シングルのみのリリースで、iTunes等でも購入可能

Spotifyで「おすすめのアーティスト」リンク経由で知った、デンマークパレスチナのハーフである、トラックメイカー兼ラッパーのDanni Toma君もお気に入りです
リリックはデン語なんですよ
意外と母国語で歌っているシンガーも多いんですよね
 
因みにMøはサマソニでも観たし、CDも買ってみたけど、個人的に好みじゃない…
Lukas Grahamもピンとこなかった
デンマーク出身だからって何でもかんでも聴くわけではありません

音楽誌のいいところは、例え文章が読めなくても、アーティスト名かアルバム・曲名さえピックアップ出来れば、ネット等で調べて試聴出来ること
メインは彼らの音楽であって、記事じゃないし
ジャケ買いならぬ“ジャケ・チェック”で「聴いてみようかな」と言うきっかけにもなりますしね

“現地で流行っている”北欧ミュージックを知りたいなら、GAFFAはいい情報源の一つだと思います

 

gaffa.dk

gaffa.se

 

gaffa.no

 

あとアイスランドでも似たようなネットでも見れる音楽系フリーペーパーないかなぁ…

デンマーク語で多読は…出来なくはないです

いわゆるグレーデッドリーダーズの類いどころか通常の本(洋書)ですら見付けるのが難しい…いやいや不可能なマイナー言語

幸い形態にこだわらなければネットを駆使すれば見付かる時代ではあります

そう、iBookKindle等で電子書籍(E-bog)や、作品によってはオーディオブック(Lydbog)と言う形で入手出来ます

やはり限りがありますが

 

基本的に電子書籍派の私もデンマーク語なら紙の本で読んでみたいとも思う

とは言え、紙の本を持ち歩いても読まない可能性高しですが(笑)

 

今のところ、デンマーク語学習者向けのはなさそうですが、デンマークの小学1〜2年生くらいの子供向けのリーダーなら使えそうです

6歳とか7歳頃の子供向けの本で、中にはCDが付いていることも(出版社によっては近年出版された物にmp3が付いているのもあるらしい)

英語の子供向けリーダー「I can read it」シリーズのような位置付けじゃないかな

 

私が以前デンマークに滞在していた時に気になった子供向けの本がいくつかありました

・Jakob Martin Stridの「Mimbo Jimbo」シリーズ

・Peter Gotthardtの「Det fortryllede slot」シリーズ

・Jørn JensenのLET PSシリーズ

この内、Jørn Jensenのシリーズが子供向けリーダーの一つに当たるようです

しかも先程書いたシリーズ名はこの作品のシリーズ名と言うよりも、出版社で出しているリーダーのシリーズの一つのような感じ

私が好きなのは仲良しのAdamとFrejaが主人公のちょっとミステリやホラーぽい作品です

便宜上「Adam og Freja」シリーズと呼ばせて頂きます

 

デンマーク滞在中に出会ったこのシリーズの一冊である「De forheksede dyr」のイラストが可愛くて手に取ったのがきっかけ

また借りと言う状況だったため、CDは読み込んでmp3にしてiTunesに、本文はスキャンしてデータ化してキープ

あれ、MacBook AirにはDVDドライブとかないし、その時は外付けのドライブを持っていなかったのにどうやってmp3にしたんだっけ?

で、最近になって多読のテキストとして読んでみるか〜と思って、見開きでスキャンしたPDFデータを1ページずつに分割して更に統合しようとしたら…出来ない??

しかも4ページ程足りないことが判明しました(泣)

いつもデンマークの本やCD等を買う時に使うimusic.dkでは品切れだし、Guccaは何故かデンマーク国外に発送出来ない商品になってるし

最悪Saxo(デンマークの本専用のオンラインショップ)でも国外発送をやっていますが、若干高い

imusic.dkの方が若干でも安いし、CDやDVDなども扱ってるしで、使い勝手がいいんですもん

ちょっと安めの本をいくつか追加して注文かなぁ

SaxoではE-bøgerやLydbøgerも扱ってるから、それらを買うにはいいんだけど

 

で、この「Adam og Freja」シリーズですが、

・Skelettet I Skabet

・Øjne i natte

・Fanget i kisten

・De sorte ånder

・Den Magiske Dukke

・De forheksede dyr(SaxoとGuccaのみ)

はまだ入手可能なのを確認しました

但しSaxoのE-bøgerで良ければ、

・Den Hvide Ånd

・Abehånden

・Et FARligt spøgelse

も入手可能(テキストのみ)

また、いくつかの作品は別の出版社(Komma)から廉価版が出ています

「Varulve Hyler」と「Den åbne grav」はimusic.dkで発送日不明になってるので、品切れの可能性もあり(品切れのようです)

既に絶版されているのも4冊程確認しました

 

「Abenhånden」と「Et FARligt spøgelse」はE-bøgerで既に入手したので、さっくり目を通してみました

ここでfarligtの最初の三文字が大文字になってることに注目!!

オチを読むと「あー」な気分になること間違いなしです

f:id:kandulide:20161014164509p:image

結構このシリーズ通して見ると表紙はおどろおどろしいホラーチックなのですが、オチがわかると面白いです

まだざっくり読みしかしてないので、精読もして単語の意味の確認もしないと

因みにこの2冊に関しては「7歳から」と書かれていましたw

改めて4ページ抜けている「De forheksede dyr」も音源聴きながら目を通してみました

音源の方ですが、トラック1にナレーターの自己紹介が入り(笑)、次のトラックからは1ページにつき1トラックと言うペースで収録されています

しかも、最初にゆっくりスピードの朗読が終わってからノーマル・スピードの朗読が続きます

最初に聴いた時、ゆっくりだなぁと思ってずっと聴き流してたのですが、後半にノーマル・スピード・バージョンも収録されていたんですね、どうりでトラック数が多いと思った

Jørn Jensenは他にも子供向けリーダーを書いているし、彼以外にもリーダーを書いている作者がいるので、色々探してみるのもおすすめです

 

デンマークと言うとアンデルセン(H. C. Andersen)やキルケゴール(Kierkegaard)が有名ですが、私は別に興味ないし、大体昔の作品が読みたいわけじゃない、と言うことで、今販売されている子供向けの本の方がやはり取っ付き易い

 

唯一の問題は本の値段が全体的に高い!!

プラス日本までの送料となるとうわぁぁぁぁとなる

なので、抵抗がなければE-bøgerやLydbøgerをおすすめします

 

この「Adam og Freja」シリーズはイラストがかわいい

Kommaで絶版したヤツを再販してくれないかなぁ

 

「Adam og Freja」シリーズ(出版社はAlinea)

・De sorte ånder Let PS gys, De sorte ånder - 9788723039217 - Bog af Jørn Jensen

 ・Fanget i kisten Let PS gys, Fanget i kisten - 9788723027351 - Bog af Jørn Jensen

・De forheksede dyr Let PS gys, De forheksede dyr - 9788723036445 - Bog af Jørn Jensen 

・Den Magiske Dukke Let PS gys, Den magiske dukke - 9788723039200 - Bog af Jørn Jensen

・Skelettet I Skabet Let PS gys, Skelettet i skabet - 9788723027368 - Bog af Jørn Jensen

 ・Øjne i natte Let PS gys, Øjne i natten - 9788723030405 - Bog af Jørn Jensen

 

Saxo(デンマーク語) Bøger hos SAXO.com - Danmarks største udvalg af bøger 

imusic.dk(英語版) CD · DVD · BOOKS · BLU-RAY · VINYL - 8.830.000 titles at low prices - imusic.dk

Gucca(デンマーク語) Køb DVD Film, Blu-Ray Film, Bøger, CDer og spil → Altid lave priser her

 

※imusic.dkはよく利用しているサイトで、本以外にも扱っているからおすすめです

Guccaも一度利用したことがありますが、金額の表示が何故かユーロ

Saxoは若干価格も送料も高め

どちらにしろ、日本には300kr以上の発送料がかかるので、まとめ買いの方がいいでしょうね

 

 ※また借りだった「De forheksede dyr」にはCDが付いていたので、てっきりAlinea版にはCDが付いていると思ってましたが、取り寄せたのには全てCDなし

ガーン、だったらいくつかはKommaから出てる廉価版を買ったのに(そっちの方が絵本のようなハードカバー?仕様になってたし)

 そんなオチもありますので、ご注意を…

 

 

 

 

デン語と音楽と

ブログ始めます

 

デンマーク語を勉強しているのと、ここしばらくデンマークの音楽中心に追いかけているので、それが中心になると思います

 

あと、デンマーク以外のアーティストも取り上げるかもしれません